トヨタが役員報酬を倍増

日本がよくならないのは、横並びの考え方でしょうか?仕事をしてもしなくてもお金がもらえるこの国はちょっと異常な感じもします。でも、このぬるま湯の感じが良さでもあるのでしょうね。報酬は、自分で決められるようにしたいものですね。そのためには、税金の制度を変えなくてはね。

1:2013/05/30(木) 08:23:40.06 ID:

また「貰い過ぎ」批判が噴出するのだろうか――。上場企業で年収1億円以上を受け取った役員の氏名や報酬額を開示するよう義務付けられてから4年が経つ。

2012年3月期決算では、カシオ計算機の樫尾俊雄・元会長(故人)の13億3300万円を筆頭に、日産自動車のカルロス・ゴーン社長(9億8700万円)やフジプレミアムの松本実蔵会長(8億5000万円)など、計295人の“オーバー1億円役員”の存在が明らかになった。

今年度はアベノミクスによる景況感の高まりや、円安傾向で輸出企業の業績回復が鮮明になっていることもあり、各社で役員報酬のさらなる上積みが予想される。さっそくトヨタ自動車は取締役13人の役員報酬・賞与の総額を前年より約3割多い12億8000万円とすることを発表。1人あたりに換算すると、前年比2.2倍の9846万円となる。

しかし、「日本の企業トップの役員報酬は、まだまだ低い」と分析するのは、人事・賃金
コンサルティングを手掛ける賃金管理研究所の取締役副所長、大槻幸雄氏だ。

「日本企業はプロパーから昇格・昇進して役員になる人が多いので、従業員の延長線上で役員報酬も決まります。そのため、極端に高い報酬を貰いにくいのです。1人数億円という報酬で有能な人材をヘッドハンティングして経営幹部に据える欧米企業の水準とは明らかに違います」

同研究所が5月10日に発表した『社長・重役の報酬・賞与・年収額の実態(2012年)』でも、大槻氏の解説を裏付ける結果が出た。役員報酬の代表的な指標である社長の年収額は、上場企業の平均(賞与ゼロも含め)で約5451万円。ここ3年間はほぼ横ばいで推移しており、じつに64.3%が社内から昇進した社長だった。

金額の多寡のみならず、報酬の内訳を見直す時期に来ているのも確かだろう。人事ジャーナリストの溝上憲文氏がいう。

「退職慰労金も含めて日本企業の役員報酬は7割以上が業績と連動しない基本給です。つまり任期中にあまり頑張らなくても決まった報酬がもらえるため、業績に対する責任が希薄なのです。逆に業績連動分が大きい欧米企業並みに賞与やストックオプションの比率を高めれば、当然ながら事業に失敗すれば報酬が激減する。誰もそのリスクを負いたくないから、報酬制度も変わっていかないのです」

経営学者の中には、株価連動の報酬をより多様化させ、経営者に事業リスクを取らせる仕組みにすべきだとの声もあるが、それも行き過ぎれば「目先の利益さえ上がればいいという考えに
陥ってしまう」(大手電機メーカーの人事担当者)危険がある。

そうこうしているうちに、成果報酬型の欧米企業との給与格差はますます広がっている。(※続く)

http://www.news-postseven.com/archives/20130530_191361.html

◎関連スレ
【経営/待遇】トヨタの取締役報酬、総額12億円超–業績改善で32%増 [05/29]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1369780091/

2:2013/05/30(木) 08:25:36.18 ID:

>>1

の続き

「日本のグローバル企業の中には、低い報酬体系をそのまま現地の役員に適用したため、
有能な人材を欧米のライバル企業に引き抜かれた例はたくさんあります。そのため、海外
部門の担当役員だけ突出して報酬を上げざるを得ない傾向にあります」(前出・溝上氏)

では、日本企業はこの先どうやって役員のインセンティブを高めていくのか。溝上氏は
「最終的には固定報酬を7割から5割程度に引き下げ、残りとプラスアルファ部分を業績連動や
グローバル基準に合わせた形で調整するしかない」と話す。

賃金管理研究所の大槻氏も、短期・中期・長期とさまざまなスパンでステークホルダーに
見えやすいように業績連動報酬を高めていくべきとした上で、こう補足する。

「上場企業の役員にとってのインセンティブは、何千人、何万人という社員の中から激しい
社内競争を勝ち上がった『選びに選ばれた人材』だというモチベーションです。その責任の
重さも含めた報酬だと考えれば、本人のプライドを満たすそれなりの金額がもらえる仕組みに
是正するのは間違った方向ではありません」

1億円超の役員報酬を開示している企業は、まずは金額の算定根拠を示さなければ理解も得られ
ないだろう。

9:2013/05/30(木) 09:05:20.13 ID:

トヨタがそうだと言わないが
有事の際や不正謝罪の企業対応などを見てると東電を筆頭に
いじめ問題の教育委員会など
平気で小学生並みの言い訳を言ったり責任転嫁する自己保身・会社保身第一のクズが多いけどw
「あー、こんな対応、俺にはムリ。自分自身が恥ずかしくないのかね?」とよく思う
自己の出世や企業利益あげる為なら平気で他人を傷つけて何とも思わない感覚の持ち主
こんなイメージ
27:2013/05/30(木) 20:36:34.79 ID:

バカじぇねーの?じゃぁトヨタの役員が実力だけを買って他のライバル企業が引き抜きに来ればいいだろw
来ないよw トヨタで優秀な役員はトヨタで優秀なわけで他の企業では人脈、経験があまり役に立たない。
他の企業も同じ。
カルロス・ゴーンは他の企業でもやれるという実績と経験値があると認められて、
日産が手放したら他の企業が雇うから高値。
市場原理が全くわかっていないアホの記事。
34:2013/05/30(木) 21:15:49.16 ID:

海外と比べるなら仕事に対して責任もちゃんと持て
36:2013/05/30(木) 21:17:51.20 ID:

>>34

ついでに言えば、日本企業が海外駐在しても、遊びまくるだけなんだよな
他国に競争で勝てないのも頷ける
蓄積された富ってのは馬鹿をも豪遊させるのさ

37:2013/05/30(木) 21:31:04.22 ID:

ちなみに、これでも「役員報酬総額」が役員が1/5ほどしかいない日産より少ない件。
従業員給与の平均はトヨタの方が上なのにな。

安易にトヨタ叩いてるバカは死ねばいいと思う。

ちなみに、下請けイジメとか言い出すバカは、トヨタの下請けが軒並み大黒字って現実知っとけ。

38:2013/05/31(金) 01:04:34.48 ID:

>>27

バカはお前、超優秀なトップに10億払う事に異論はないが、お前らのいう無能な役員の集まりのトヨタが世界一の車メーカーだということを忘れるな。
役員報酬も含めこれが良くも悪くも日本式だ
生産ラインが国内に10%しかない日産が国内メーカーと呼べるかは分からんがな

39:2013/05/31(金) 05:45:16.84 ID:

>>37

本体は何もしてねーじゃねーかw
原価低減繰り返されるだけで

40:2013/05/31(金) 07:00:24.45 ID:

>>37

愛知式経営は現場に厚く、経営陣には薄くだろ。
プリウスを作った技術者達に報酬を厚くならトヨタらしいが。
役員が高給で当然だなんて現場がやる気無くすよ。

>>38

だからそんな世界一の自動車メーカーの役員がさぞ手腕・能力が高くて、
その割に安い給料ならどこかが引き抜いて高い給料で雇えば、
引き抜いた企業は有能な役員さんを得て成長していくんでしょうね。
引き抜けばいいじゃないか。安いんだから。

41:2013/05/31(金) 07:35:59.89 ID:

>>9

責任を負うなら、高報酬でもいいけど
実際は責任とらないからなあw

謝罪会見程度しか、しないもん。
せいぜい会長に退きましたとかだしw

一般社員とか非正規なんか、経営陣の経営ミスを解雇という形で
まっさきに責任とらされるのにwwww

一般社員でこれだと、役員の責任の取り方は「切腹」しかないぞw

44:2013/05/31(金) 08:07:26.29 ID:

そのかわり日本でも、無能な役員はどんどん切るシステムを導入してくれるなら
文句はない。
47:2013/05/31(金) 08:15:55.11 ID:

>>37

>トヨタの下請けが軒並み大黒字って現実知っとけ。

おまえ派遣やブラジル使って何とか利益出してるの知らんだろ

おかげで三河がクロンボとバカとチョンだらけでカオス状態や

48:2013/05/31(金) 08:21:40.79 ID:

なんでもかんでもアメリカ式経営ですか
49:2013/05/31(金) 08:25:49.14 ID:

>>48

都合のいいところだけな

53:2013/05/31(金) 08:59:45.80 ID:

利益が出ても下請けには一切還元しない。利益は役員報酬、株主配当、議員献金、天下り、内部留保、海外進出費用、日本には何のメリットも無し
54:2013/05/31(金) 09:07:31.82 ID:

>>53

内部留保はしとかんと、次の不況がきたらあっという間に倒産するぞ。

57:2013/05/31(金) 14:28:43.02 ID:

>>54

似た様な額の有利子負債抱えてる時点で自転車操業なんだよ

元スレ:http://www.anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1369869820/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る