EV普及にお金が消える!

向かうべきは夢の水素自動車のような気がします。二酸化炭素を排出せず、燃やすと水になる水素は化石燃料と違ってクリーンです。もし、水から水素を作り出すことに成功したら、エネルギー問題は解決するのでしょうね。

補助金とかを出すのなら、本当に意味のある使い方をして欲しいものです。今の補助金の使い方は、多くの人が疑問に思っていますよね。

1: ライトスタッフ◎φ ★:2013/02/18(月) 19:00:31.25 ID:

官民が盛んに笛吹けど遅々として普及が進まぬ電気自動車(EV)。しびれを切らしたかの
ように、経済産業省は今年度の補正予算にEVの購入支援策や急速充電器などのインフラ
整備に1000億円もの補助金をつけるなど躍起だ。こうした“大盤振る舞い”は奏功するのか。
EVの普及には越えなければならない課題が山積している。

経産省は補正予算でEVなどの充電器の整備費として1005億円を盛り込んだ。さらにEVの
購入補助として2013~15年度の間、EVの車両価格の目標を決め、これを下回れば同クラス
のガソリン車との差額分全額を国が補助する制度も創設した。

「これが最後のチャンスかもしれない」。10年末に発売したEV「リーフ」の累計販売台数が
5万台にとどまる日産自動車。16年度までに仏ルノーと合わせた販売目標150万台を掲げる
日産にとっては一連の政府補助は“慈雨”のはずだが、スタッフの表情はさえない。手厚い補助を
受けているからにはそれなりの「実績」を求められるからだ。

EVの短所として指摘されるのが、ガソリン車と比較して短い航続距離と、充電インフラの
不足や充電時間の長さ、さらには割高の車体価格だ。

これらの欠点をカバーするために経産省は、充電スタンドを14年3月までに全国に約10万基
整備する。そのうち、現在は全国で1400基しかない急速充電器を3万5700基普及させるとした。
これまでは充電器本体への購入支援だったが、設置工事費も補助対象に含めた。さらに日産も
リーフの価格を引き下げ、補助金を入れると最も安いタイプで250万円を切る価格にした。

販売店の店頭などでEVの印象を聞くと「地球温暖化のために大いに評価する」との声は多い。
また日々の燃料代(電気自動車の場合は電気代)を含めて考えると初期購入費用に割高感が
あっても「1回の満タン充電がコーヒー代1杯分で済むことを説明すると『お得感はある』と
理解してもらえるお客様は増えている」(日産)という。

ただ、普及の足かせとなっている問題はもっと身近にある。最大のネックは潜在的な購買層が
多い都心部・大都市圏、なかでも多くの人が住む集合住宅での充電器の普及がままならない
ことだ。日産によると、EVの普及が進むのは累計販売台数順に神奈川県(約3900台)、
次いで東京都(同2600台)、愛知、福岡、埼玉、大阪などの大都市圏(12年11月末時点)。
集合住宅比率も東京都の71%を筆頭に埼玉県でも44%と高い。

日産も三井不動産や大京など大手デベロッパーと提携し、マンション内に充電器を標準設置
するよう働き掛けているが、なかには「全く利用実績がない」(関係者)マンションもある
という。特に問題となっているのは既築マンションに充電器を設置する場合。共用部分に
設置することが多いため、マンションの管理組合の過半数、大規模改修の場合は3分の2
以上の同意が必要になる。(※続く)

http://xn--n9qwct4at02m5pn.net/wp-content/uploads/2013/02/52a70780.jpg
http://xn--n9qwct4at02m5pn.net/wp-content/uploads/2013/02/91e0d091.jpg

◎http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD1405I_U3A210C1000000/?dg=1


4: 名刺は切らしておりまして:2013/02/18(月) 19:03:53.22 ID:

>>2
の続き

大阪・タクシー運転手の嘆き「EVタクシー(日産リーフ)の電池劣化が激しくて商売にならない」
「新エネルギー関連産業を育てようと、府が日産自動車、タクシー会社約30社の協力を得て50台のEVタクシー(日産のリーフ)を導入しました。
1台につき府から100万円、国から78万円の補助金が出るため、タクシー会社は1台のEVタクシーを割安価格の200万円で導入できました」(大阪府・新エネルギー産業課)タクシー業界の期待も大だった。
「何しろ運転していて疲れない。揺れ、ノッキングがなく、滑るように走る。電気代も
ガソリン代よりはるかに安くて済むし、故障も少ない。将来はEVタクシーが主流となる
のは間違いない」(大阪市内のあるタクシー会社)
そんな評判を聞きつけてか、JR大阪駅に隣接するデパート脇に設けられたEVタクシー専用乗り場には、乗客が連日、行列をつくったものだった。
あれから丸2年。
(中略)
「あきまへん。さっぱりですわ。売り上げも普通のタクシーの半分以下。とてもじゃないけど、EVタクシーは商売になりません」
なんと、鳴り物入りでデビューしたのに、わずか2年でEVタクシーの評価はガタ落ちして
いたのだ。その運転手が続ける。
「とにかく電池の劣化が激しい。新車時は1回の充電で100km以上走行できたのに、
2年後の今はわずか50kmほど。そのため長距離の客は断らざるを得ない。これでは
売り上げが上がりません」
省エネ仕様のガソリン車だと、リッター当たり25kmくらいは走る。ということは、
このEVタクシーは2リットルしか入らないガソリン車と同じってこと? それじゃ、
まともな営業ができるはずがない。
電池劣化とともに、急速充電にかかる時間も増えた。電池容量半分の充電で約15分から
約40分と、倍以上になってしまったとか。
「しかも、頼りの急速充電スタンドは大阪市内に8ヵ所しかない。そこまでの所要時間を
足すと、充電に1時間以上もかかってしまう。充電は一日に6、7回は必要なので、
それだけで計7時間近い時間がロスとなる。やってられませんよ」(運転手)
以下ソース
http://xn--n9qwct4at02m5pn.net/wp-content/uploads/2013/02/90fb0dd8.jpg
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/02/17/17127/


26: 名刺は切らしておりまして:2013/02/18(月) 21:30:26.24 ID:

全国的にやるよりも地域限定で集中的にやった方が良いのに。
とくに離島とかさ。

30: 名刺は切らしておりまして:2013/02/18(月) 21:48:08.50 ID:

電気自動車だけ高速道路無料にして
全パーキングエリアに大量の無料で利用できる充電スタンドを設置するだけで
かなり売れるようになると思うけどね

51: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 01:58:44.81 ID:

このまま行くとトヨタの燃料電池車の方が先に物になっちまう可能性の方が高いよん

どうもEVは技術的にスジが悪すぎる
電動スクーターの方が良いんじゃね?


54: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 02:06:32.41 ID:

>>51

EVがダメなのははなっから分かっていたが、もともと国が強引に押した経緯があるから今さら引けない。
トヨタは昔からEVやっててモノになら無いので見捨てた経緯もある。
昔からオレも電動スクーターの方が良いと思っていたが、電動スクーターは小規模メーカーが既に市場に大量にあって国の支援もないから普及が加速しない。
バイクは全価格に占めるエンジン価格の割合が大きいので、性能を上げると意外に値段が高くなるので動力性能を手抜きする。


64: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 04:43:17.02 ID:

やっぱりバッテリーを規格化して統一、車両本体とは別のレンタル形態
スタンドで充電済みバッテリーと交換するようなのがベストなんじゃない?

68: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 05:27:01.81 ID:

>>66

ルノーのTWIZYって小型EVもバッテリーが月額リースらしいよ
レンタルでバッテリー劣化にも対応できたら、不安がひとつ減るし

充電サイクル回数で性能が落ちるのはしょうがないし


71: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 05:45:23.04 ID:

サイズ容量にもよるけど、バッテリーだけで100万~300万とかでしょ?
ここを軽くしないと厳しい

74: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 07:34:55.16 ID:

国がシャープや任天堂みないな真似して突っ走っても
国民に負担させればすむだけやし、問題ないと考えてるんだろう。

ただ日産と三菱は、1000億円の国税から利益を得たということで
未来永劫、非難される立場になることをお忘れなく。


77: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 08:10:05.98 ID:

>>74
 
石油1バーレル価格 1973年2ドル ⇒ 2023年100ドル
石油は枯渇ともに高騰しており、そろそろEVへの切り替えは必要で

充電施設は問題ない。但し補助金漬けはよくない
http://cocoju.jp/spot/result.php?juden_shurui_1=1&latlng=35.826721,139.768066&zoom=9


87: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 10:56:25.48 ID:

>>1

>EVの購入補助として2013~15年度の間、EVの車両価格の目標を決め、これを下回れば同クラスのガソリン車との差額分全額を国が補助する制度も創設した。
http://xn--n9qwct4at02m5pn.net/wp-content/uploads/2013/02/df54fae5.jpg

これの意味がイマイチわからん。
車両価格の目標を決めるのはだれ?国?メーカー?
文章では差額分全額を国が補助となってるけど図では3分の2を国が補助となってるのは?
補助金終了後の目標価格というのは同クラスのガソリン車の価格?
だれかエロい人教えろください。


88: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 13:40:10.69 ID:

915 :国道774号線:2013/02/19(火) 10:33:06.96 ID:DQ0KUuPL
>>914

修理代が加味されてない
プリウス故障すごいよ?
反面TXSとTSSはほとんど故障しないし
しても休車のときすぐ治せるレベル
————————–

EVは長距離走らないとモトが取れない。
だから、金持ちの道楽車というコンセプトではなく
個人ユーザー向け補助金を削って
「タクシー向け、国営故障保険」をやってみたらどうか?

今、ホンダは400万円のSCiBのEVを月額55000円でリース始めてる
200km以上走れる奴だ

これで、
 初期費用が高い ⇒リースで対応
 距離が短い   ⇒電池を増やして、軽自動車を使い、リースにした
         ●しかし、成田空港や関西空港へ行く途中など
          高速道路の充電所が手薄
 充電時間    ⇒SCiBは5分急速充電に耐える ●充電器のパワーアップ
 故障修理費   ●国営保険が必要

●未対策事項
 1国交省からタクシーへの働きかけ、総務省から日本郵便への働きかけ
 2空港・都市高速道路PAの充電所・長間隔区間の解消
 3EV/PHVタクシーの修理代に対する国営保険の提供
 4充電器と変圧系統のパワーアップ

  個人ユーザーへのばら撒き補助金をカットして
  タクシー向け修理代保険、高速道路充電所空白区間解消
  充電・変圧の技術開発だなー


94: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 14:07:54.95 ID:

批判しずらいものをダシにして補助金しゃぶってるだけだな

95: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 14:14:25.64 ID:

>>93

充電時間は 
1)電池の急速充電許容能力
2)車体の大電流対応配線
3)充電設備と変圧設備の送込み能力で変わる

1)はSCIBで改善されてSCIB電池は8kwhを5分で受入可能
2)は自動車メーカーが配線を変えるだろうし、交換も恐らく可能
3)の充電器・変圧器の能力が50kwしかないから「注入ポンプ能力不足」で
  8kwh充電に10分かかってしまう


103: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 14:40:45.22 ID:

>>99

日本語で「そうだね。補助金漬け販売は、(ソーラーも)自動車も
よくないよな」と書いてあるじゃないか(w

電気は圧倒的に、石油より安いのに、電池がすべて台無しにしていて
しかし、ようやっと電池屋が「長寿命化による電池コストダウン」に成功したから
自動車屋は「長寿命の利点を生きるタクシー向け」の開拓に成功すれば
電池は量産効果で安くなる

今は、「勝てそうな材料」が出ているのに、ここで退いたらバカだ

富裕層向けに売る・・・・・・・というならテスラのような1000万円車
タクシー向けに「走りまくってモトをとる」・・なら、長寿命電池が不可欠
補助金に頼らないでも商売が成り立つための商品設計が甘くて
顧客ターゲットの絞りが甘いまま、踏み込んで大やけどしたが、長寿命電池ができて
充電所も整備されてきて、「もう少しでモノになりそう」なんだぞ!


108: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 14:49:40.17 ID:

>>101

私は、元石油屋で 君よりは知っているが
シェールガスは「全化石燃料ベースで、たった25%増えただけ」だぞ
中国人やインド人が自動車やクーラーを使うと需要は3.5倍になる

商品が1.25倍に増えて、客が3.5倍に増えたら、どう考えても暴騰する
シェールガス革命詐欺は単なる総合商社(ガス利権)のステマにしか見えない

それに若者の雇用を創出するために、エネルギー国産化投資は必要で
環境なんかより、若者を食わせることのほうが重要。
新自由主義の結果、失われた20年になっているじゃないか


112: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 16:17:03.62 ID:

バッテリーの価格が同容量で1/3になるか
バッテリーの容量が同価格で3倍になれば売れるよ
そんな技術があればね

119: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 20:00:44.72 ID:

1000億円のゴミ

123: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 20:34:36.11 ID:

>>120

というかPHEVも入れての話だろ


127: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 20:53:48.61 ID:

PHEVの急速充電で10分間急速充電の普及を行い、10分間充電で走れる距離を伸ばして行くってな流れの方が、
急速充電の普及には良いだろうにな

133: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 21:25:33.60 ID:

>>4
見たら本当にマスメディアって恐ろしいなと思った
こういうことはまったくニュースにしないんだもんな

136: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 21:28:12.94 ID:

品質の高い内燃機関を設計する事が難しいから、自動車は安物化を免れている。
日本メーカーにとって、内燃機関を構造の単純な電動モーターに替える事は、
自分で墓穴を掘る事に等しい。家電メーカーの二の舞いは止めとけ。
その程度の技術的な感覚すら持っていない日産のゴーンは、
今のような時代には、経営者は務まらない。

137: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 21:30:39.60 ID:

すげーよ。、本当、1000億円とか…。
100円200円でセコセコさせられてるのが、マジ馬鹿らしくなるな…。
しかも無駄遣いだろうなって芽が、オオモトの夢みたいな考え方に有ると言う…。

140: 名刺は切らしておりまして:2013/02/19(火) 22:01:00.31 ID:

>>139

PHVの最大の問題は国があまり関与できないので、官僚の利権が期待できないこと。
国民にとっては無駄使いでも、予算さえ持てばそれが官僚の利権の温床。


156: 名刺は切らしておりまして:2013/02/21(木) 03:00:46.89 ID:

>>155

  あの記事のは3年前のEVで、
  最新版のホンダのFIT EVとこれだけ違いがある

  航続距離 例の記事の  100kmが2年で50kmに劣化
       新型 200km 5年で160kmに劣化

  電池寿命 例の記事の 2500回充放電   =20万km2年で劣化
       新型 6000回以上充放電 =50万km5年で80%能力

  充電時間 例の記事の  15分⇒40分
       新型  6分⇒8分 (但し、50kw充電器2台使った場合)

  東芝SCIB電池  http://www.scib.jp/product/detail.htm
  ホンダフィット   http://www.honda.co.jp/FITEV/spec/

 折角、大きく改良された奴が、発売されて
 勝てそうなのに ここで退いたらバカだって

電池価格もどんどん低下している


元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1361181631

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る